ホワイトニングをした歯を長持ちさせるためには

ホワイトニングをした後、出来るだけ長持ちさせたいですよね。
もちろんその方法はあります。
せっかく歯がキレイになったのであれば、それを長持ちさせたいのは当然だと思います。

色のきついものを飲んだらすぐすすぐ

ホワイトニングをして歯がキレイになったとは出来るだけそれを長持ちさせてあげましょう。
そのためにはステインの原因となっている着色成分が多い飲み物や食べ物というのはなるべく避けるようにしていきましょう。
どうしてもこういったものがすきというのであれば、こういうものを食べたり飲んだりした後は口をすすぐようにしましょう。
そうすることで汚れがつきにくくなり、出来るだけホワイトニングした歯を長持ちさせることが出来ます。

タッチアップホワイトニング

これも長持ちさせるのによい方法です。
このタッチアップホワイトニングというのはホワイトニングの効果が落ちてきたときに追加でちょっとだけホワイトニングすることです。
つまり完全に着色がついていない状態でも定期的にホワイトニングしてあげることで効果を長持ちさせることが出来ます。
お店によっては置いていないこともあるメニューなので確認が必要ですね。

歯の定期健診を受ける

歯ってほとんどの人が痛くなったり、何か気になった時しか歯医者に行きませんよね。
でもそれでは遅いです。
そうならないように定期的に歯の検診を受けておくようにしましょう。
そうすることで歯の状態がどうなっているのか、チェックすることが出来ます。
これはホワイトニングを長持ちさせるだけでなく、虫歯を防いだり、歯を長く生えさせてあげるためには大事なことです。
歯というのは食事をするために非常に大事な役割を果たしています。
入れ歯になった人にしか入れ歯がどれだけ不便なものか分からないと思います。
ちゃんとした自分の歯で噛める、飲めるというのは大事なことです。
お口全体のチェックを定期的にしていくことでせっかくお金をかけてやったホワイトニングを長持ちさせることが出来ます。